PROFILE

熊木杏里

 2001年日本テレビ系で放送された「嗚呼バラ色の珍生!!」の歌手オーディションに参加最終プレゼンで「時計」(メジャーデビューシングル『窓絵』収録)を歌唱しグランプリを獲得)。2002年2月21日シングル『窓絵』でバップよりデビュー。2003年3月26 日1stアルバム『殺風景』をリリース。3月~9月NHK朝の連続テレビ小説ドラマ『こころ』劇中挿入歌として「ヒトツ/フタツ」が使用される。2004年11月TBS系ドラマ『3年B組金八先生』劇中挿入歌として楽曲「私をたどる物語」が使用される。2006年8月中島信也が監督を務めた資生堂企業CMで楽曲「新しい私になって」が使用される。翌年の第47回ACC CMフェスティバルにおいて特別賞ベストサウンズに選ばれる。

 2007年2月21日シングル『春の風』をリリース。映画「バッテリー」主題歌として使用される。4月NHK土曜ドラマ「病院のチカラ~星空ホスピタル~」の主題歌に「最後の羅針盤」が使用される。5月11日放送のフジテレビ系ドラマ「奇跡の動物園2007~旭山動物園物語~」主題歌として「朝日の誓い」が使用される。 2008年5月ユニクロ「ブラトップ」CMソングとして「夏の気まぐれ」が使用された。3月〜YTV「かんさい情報ネット Ten!」のコーナーで「めばえ」のテーマ曲に「誕生日」が使用され、今も話題となっている。NHK「ワンダー×ワンダー」エンディングテーマに「君の名前」が使用される。2010年3月10日ベストアルバム『風と凪』をリリース。

 2011年6月新曲「hotline」が箭内道彦が監督を務めたTBCエステチケットCMソングに使用される。10月ワーナー移籍第一弾となる、ミニアルバム『and...Life』をリリース。2012年1月土曜ワイド劇場エンディングテーマ「今日になるから」を発売。2月、10周年記念アルバム「光の通り道」をリリース。3月、コブクロ「桜」をカバーしての、桜ソングシングルをリリースし、桜前線ライブを行う。5月、自身初の渋谷公会堂で10周年記念ライブを行い、歌だけでなく詩の朗読など新たなコンサートにも挑戦、 10月にDVD化される。12月に、初のコンセプトセルフカバーアルバム『白い足あと』をリリース。2013年「熊木杏里 LIVE TOUR 2013 Close to you~白い足あと~」実施。3月31日に妊娠を報告。9月に出産。10月より、ベネッセコーポレーションの創刊20周年「たまひよ」と開講25周年〈こどもチャレンジ〉の合同TVCMにて「一千一秒」(リテイクバージョン)が使用され、「ウィメンズパーク」にて企画をスタート。

 2014年3月、ライブツアー2014「贈り物」実施。12月にオリジナルアルバム「生きているがゆえ」をリリース。4月から、熊木杏里LIVE TOUR 2015「生きているがゆえ」をスタート。2015年7月よりTOKYO MXにて放映されたアニメ『Charlotte』の最終話劇中で、熊木杏里歌唱の「君の文字」が流れ、透明感のあるのびやかな歌声がアニメ中に響き渡り、SNS等、検索でも急上昇。話題となる。2015年11月22日(日)『熊木杏里 LIVE in autumn「歌が姿を見せる日」』を日本橋三井ホールで行う。同コンサートは熊木初となる映像とのコラボレーションとなり、多くのファンを魅了した。

 2016年3月16日ヤマハより移籍第1弾アルバム『飾りのない明日』をリリース。関東6カ所にてインストアライブと握手会を催い。数多くの皆さんと交流をし、5月5日より全国5カ所のツアーと、追加公演(東京・ヤマハホール)を開催。さらには自身初の中国公演(広州・上海・北京)も行い、1000人規模の会場は熱気に包まれた。

 2016年1月より放送されたアニメ『Rewite』では「End of the World」が1期主題歌となり注目を浴びる。 そしてデビュー15周年を迎えた2017年、6月には10枚目のオリジナルアルバム『群青の日々』をリリース。サウンドプロデューサーを自身がつとめ、歌詞、曲、サウンド全てにおいて今の「熊木杏里」を十二分に表現したアルバムが完成。6月27日からは名古屋・大阪・東京とツアーを行う。6月27日からは名古屋・大阪・東京とツアーを行い、2017年12月には2度目の中国公演を8箇所(広州・深圳・無錫・上海・重慶・成都・大連・北京)で行い、大成功をおさめる。

 同12月には『クリスマスの約束(TBS)』にゲスト出演し、話題を呼ぶ。また「オルビスユー」ブラデッドムービーの楽曲を担当。タイアップ曲「心ごと - U時間 -」を2018年2月28日にデジタルシングルにてリリースする。 そして2018年3月24日には東京国際フォーラム ホールCにて5度目のソロ・コンサートを行う。